FTR223 クラッチ・オイルポンプを外す方法

さてさて、

FTRのエンジンOH作業(といっても今はまだばらし)

どんどん進めていきますよ



今回はクラッチディスクを外したり

オイルポンプを外したり


Rクランクケース側を進めていきます



スポンサーリンク







まずは何はともあれ

Rクランクケースを外していかないとね

カバーというかね

なんかね


IMG_7003.JPG

こっち側を


IMG_7004.JPG

ぱっかー

普通にボルトたちを外していったら割れます


なかなか割れなくても
決してマイナスドライバーとかでほじほじしないように

衝撃を与えながら徐々に外していきます



そして・・・

またしょうこりもなく


プラスビスあがります・・・・

オイルポンプのところです


エンジンにプラスビス使うなってマジで



まあしょうがないので

IMG_7005.JPG

ビーンとインパクトを使って外しました


今回はあっけなく外れました

簡単で一安心・・・


そして次にオイルポンプ自体を外していくんだけど

ギヤが共回りしないように噛ませておくやつを持ってなかったので


IMG_7007.JPG

10円玉をかましました


※みなさんは正しい工具を正しい手順で使うようにしましょう


そんで出ましたまた特殊工具

ロックナットレンチ





20×24mmのやつがFTR223に適合


IMG_7013.JPG

こんなやつ

これをエクステンションにつけて

それをラチェットにつけて


IMG_7009.JPG

ふん!っと緩めます

あ、画像は、
「やっぱ10円はまずいよなぁ・・・」
と思った結果、すでに外してあったアイドルギヤで代用したよの図です

※どっちにしても正しい工具を使うように



しかし例のごとく硬いので怪我しないように注意しながら


IMG_7014.JPG

ロックナットが外れました

これでオイルポンプもするっと外れる



つぎにつぎにー


クラッチさんを外していく


IMG_7015.JPG

まずここの4つのボルトを外します


新たに買い直したホルダーが見えるね




うん、こっちの方が断然使いやすいね



IMG_7016.JPG

はい、外れましたよと


バネがビョイーンて

ビョイーンて


バネを外したら、

IMG_7017.JPG

はいきたーまたロックナット

そして、

このロックナットを外すのに
共回りを防止する専用工具がまーた必要になる


上のホルダーでは無理なんです

クラッチの外側をホールドしても意味ないんです


購入したのはこれ



クラッチの内側のバネがはまっていた場所をしっかり固定できるやつ


さて、二度と使わなそうな専用工具を手に入れたところで


まずは、

IMG_7021.jpg

矢印の部分のカシメてある場所をほぐして
カシメを外しておきます


そんで

ホルダーをセットして


IMG_7022.JPG

ロックナットレンチでふん!っと外します


ロックナットレンチはオイルポンプを外した時に使ったやつと同じサイズでOK

一個持っておけばFTRのエンジンは大丈夫



IMG_7023.JPG

はいー外れちゃったよね


さてさて

次は

IMG_7027.JPG

ここのボルトをくいっくいっと外して


次に



IMG_7029.JPG

ここのプラスビスをインパクトで外すんだけど


またプラスビスっておい・・・


いや、ていうか硬いぞ・・・

さっきはインパクトでするっと外れたのに今回はががががっとやっても外れません



というかナメました



腹が立ったので


ドリルで垂直に穴を開けて
その穴に逆タップをかまして

IMG_7030.JPG

こんな風に無理やり外しました


この時点でプラスビスへの猛烈な嫌悪
異常な愛情が生まれました





ふいー


今回はここまで!!!


スポンサーリンク





バイクランキング






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック